TEL:045-752-6517

神奈川県横浜市磯子区森1-12-1
磯子第1ビル2F

横浜市,磯子区の病院,クリニック。女医。胃カメラ,内視鏡検査,健康診断,健診,更年期障害に対応

胃内視鏡検査(胃カメラ)

mobile site

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

「胃カメラは苦しい」と思っている方が多いと思いますが、小指くらいの細く柔らかい内視鏡を準備しております。また、緊張・不安が強く、希望される場合には喉の麻酔だけでなく、安定剤の注射を行う事も可能です。

胃カメラは食道、胃、十二指腸まで直接見ることができるため、異常が疑われる部位があれば、その場で組織検査をすることができます。組織検査は内視鏡を通して小さな組織片を痛みなく採取することができます。お腹の症状がなくても、1年に一度は検査されることをおすすめします。

予約制となります。

  • 内視鏡検査室
    内視鏡検査室
  • 内視鏡をボールペンと比べると
    内視鏡をボールペンと比べると

胃カメラで見つかる病気

食道 逆流性食道炎、食道がん、食道静脈瘤
慢性胃炎、びらん、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、胃粘膜下腫瘍など
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸がんなど

胃内視鏡検査の流れ

検査前日:前日の食事は20時までに済ませてください。夕食は消化の良いものにしてください。水分は寝る前まで結構です。

検査当日の朝:基本的に食事・飲み物は摂らずに来院してください。安定剤の注射を行う方は、車での来院は控えてください。

来院後:喉に麻酔をかけます。・リラックスできた状態から検査を始めます

内視鏡室にて:内視鏡室のベッドに横になり、5分ほどで検査は終了します。

安定剤を注射をした方は1時間程休んで頂きますが、その他の方は体調により、すぐにお帰り頂けます。※組織検査を行う場合、結果の説明は1週間後になります。

NBIを用いた内視鏡

NBIを用いた内視鏡

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)のことです。

NBIとは特殊な青と緑の光を用いることで、粘膜内の血管の観察をサポートする新しい技術です。
NBIを内視鏡に用いることで、通常の内視鏡では見えにくかった小さいがんや、極めて小さい病変の早期発見がしやすくなります。

Page Top